寺院名 筧口山 善照寺
本山寺 真宗高田派専修寺
創建 長禄年間(1457年頃)
所在地 三重県鈴鹿市庄野町28番2号
敷地面積 792坪(2613.6㎡)
建築床面積 本堂101.5坪(334.95㎡) 庫裏・鐘楼堂・山門あり
建築様式 本堂9間4面入母屋造り 木造瓦葺

歴代住職

第一世 善正法師(ぜんしょうほうし)
  嘉永7年(1854年)6月15日安政の大地震の始まりと言われる、伊賀上野地震によって、庫裏が倒壊し、青年衆徒2名が圧死。記録を紛失し、元禄以前の過去帳が不明となり、第二世~第九世までの住職名が判明しない。 
第十世 恵亮
第十一世 慧澄
第十二世 智丈
第十三世 秀泰
第十四世 蓮暁(れんぎょう)
第十五世 蓮暐(れんしょう)
第十六世 蓮橋(れんきょう)
第十七世 滋元(じげん)
第十八世 智徳(ちとく)
第十九世 英揮(えいき)

長禄年間(1457~1460)に平田地内筧口と称する所に、善正法師(大永3年入滅)が善照寺を開基した。初めは天台宗であったが、高田派第十世 真慧上人の化導によって真宗高田派に改宗し、今日に至っている。

 

庄野町は東海道五十三次の一駅として発展した。宿駅の繁昌と関連して、九間四間、入母屋造りの本堂は寛政年間(1795年頃)に建立された。

 

第十二世 智丈 第十三世 秀泰は学僧として有名であり、鈴鹿市の無形文化財である大念仏踊の歌詞『一ツとかしょ ひとり生まれて ひとりゆく さても はかなき この世かな』以下略。は智丈、又は秀泰の作と伝えられていて、昭和9年 第十六世 蓮橋が訂正して現在の歌詞となっている。

沿革

長禄年間(1457~1460頃) 善正法師により善照寺を開基
寛永4年(1792) 梵鐘鋳造
寛永年間(1795頃) 現在の九間四間、入母屋造り本堂建立
弘化5年(1848) 本堂瓦を造る(本堂南の角、鬼瓦に弘化5年申5月と彫刻あり)
嘉永4年(1851) 本堂再建(昭和23年4月 本堂の東南しぶき修繕の際に発見。東の柱に『嘉永亥年 アサキ部中分村 大工七蔵建之』と書かれている)
嘉永7年(1854) 伊賀・上野地震により庫裏が倒壊。元禄以前の過去帳等を紛失する
昭和18年(1943) 国の命により梵鐘供出
昭和35年(1960) 鐘楼堂 建立
昭和36年(1961) 梵鐘再鋳
昭和46年(1971) 山門再建
昭和49年(1974) 集中豪雨により、庄野6番町以下の町内が浸水。当寺も本堂・庫裏が床下、その他の建物が床上浸水の被害に会う
昭和57~58年(1982~83) 国道1号線の拡張により、鈴鹿河川敷の共同墓地を移転
昭和58年(1983) 本堂屋根 瓦ふき替え及び修理
平成9年(1997) 本堂横 書院 建立
平成16年(2004) 蓮橋上人50回忌の際を記念して、本堂風雨除けの板塀を作り替える
平成17年(2005) 庫裏 建て替え
平成20年(2008) 第十八世 智徳住職 就任
平成27年(2015) 第十九世 英揮住職 就任
平成30年(2018) 鐘楼屋根 瓦ふき替え及び修繕
平成31年(2019) 本堂内部に納骨堂を建立